japan japan-dot lightbulb windmill town propeller-3 propeller-2 copy-eng copy-kanji pagetop propeller-wing propeller-pillar logo-mark

お知らせ

秋田県秋田港及び能代港における洋上風力発電プロジェクトの実施、及び融資契約の締結について

コスモエコパワー株式会社(代表取締役社長:水井 利行)は、2016年4月に設立した特別目的会社「秋田洋上風力発電株式会社」(以下、「AOW」)を通じ、丸紅株式会社、株式会社大林組、東北自然エネルギー株式会社、関西電力株式会社、中部電力株式会社、株式会社秋田銀行、大森建設株式会社、株式会社沢木組、協和石油株式会社、株式会社加藤建設、株式会社寒風及び三共株式会社(以下、「共同事業実施者」)と共同で、秋田県秋田港及び能代港において、日本国内で初の商業ベースでの大型洋上風力発電事業となる着床式洋上風力発電所及び陸上送変電設備(以下、「洋上風力発電所」)の建設・保守・運転を行うプロジェクト(以下、「本プロジェクト」)を実施することを決定し、本日、本プロジェクトにかかわる融資契約を締結(以下、「本融資」)致しましたので、お知らせ致します。

 

本融資は、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行が共同主幹事行となり、国内外の金融機関による協調融資で組成されるプロジェクトファイナンスです。

 

本プロジェクトは、発電容量約140MWの洋上風力発電所を建設・保守・運転し、完工後20年間に亘り再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき東北電力株式会社に売電するものです。2020年2月中に陸上送変電部分の着工を予定しており、2022年の商業運転開始を目指します。操業中は、能代港を拠点として保守・運転を行う予定です。

 

コスモエネルギーグループでは、第6次連結中期経営計画「Oil & New」において再生可能エネルギー事業を新たな柱へ育てると位置付けており、今後、陸上風力発電プロジェクトの拡大と、洋上風力発電プロジェクトへの参画など、長期的な事業拡大を目指して参ります。

 

<本プロジェクト概要>                            

事業会社:秋田洋上風力発電株式会社(代表者:代表取締役社長 岡垣 啓司)

所在地 :秋田県秋田市、能代市(港湾区域を含む)

発電容量:約140MW

総事業費:約1,000億円

発電形態:着床式洋上風力

売電先 :東北電力株式会社

運転開始:2022年(予定)

売電期間:20年間

 

<所在地地図>

 

以 上

 

お知らせ一覧に戻る