japan japan-dot lightbulb windmill town propeller-3 propeller-2 copy-eng copy-kanji pagetop propeller-wing propeller-pillar logo-mark

先輩社員

事業開発2部 開発グループ

三宅 誠人

2014年入社

インタビュー

コスモエコパワーに入社しようと思ったきっかけや、仕事でやりがいを感じることを教えてください。

私は、東日本大震災以降エネルギー問題に強く関心を抱くようになり、3年前にこの会社に転職しました。

日々の業務では、新規プロジェクトを発掘するため、机上検討や実際に現地調査をおこなっています。また、担当している開発プロジェクトでの調査や説明会などで、多いときは月の半分以上出張することもあります。

ひとつの発電所が稼動するまで、長いものでは10年以上かかりますので、地域の皆さまに寄り添っていくことが大切な仕事だと感じています。

仕事内容

新規プロジェクト開発

まず、新規事業に適した条件かどうかの机上検討を行います。次に、現地調査を行い、実際に条件に適していれば、風況調査を行うことで事業性をさらに検討します。自治体・地域住民・地権者など関係者との合意形成を図りながら、開発案件としての精度を高めていきます。

大分案件開発プロジェクト

自治体との許認可協議、地域住民への事業説明会の実施、地権者との用地交渉などを現在行っており、2022年度の運転開始を目指しています。2009年からの事業計画は足掛け8年目となり、最も私が重点的に取り組んでいるプロジェクトです。

一日のスケジュール

9:30

出張先空港到着

出張先の空港に到着。

10:30

市役所の関係各部署を訪問

まずは市役所の担当課へ事業の進捗報告や対応協議を行います。

11:30

サイト現地踏査

最寄民家や周辺の情報などを確認します。

12:00

お昼休み

地域で評判のお店でランチ。出張の楽しみの一つです。

13:00

町内会長宅を訪問

説明会のお知らせや町内の反応をヒアリングします。

14:00

各地権者を訪問

事業計画の説明や了承を取得します。

16:00

森林組合事務所を訪問

サイトについての情報をヒヤリングします。

17:30

出張先のホテルへ移動

明日の業務に備えて、出張先のホテルで休息を取ります。